湘南ポートサイト

湘南の季節を知らせる情報サイト

タグ: 海蔵寺 (ページ 1 / 3)

萩のトンネルは秋の入口🍁

鎌倉、扇ガ谷の海蔵寺は花の寺。
季節が変わる毎に行きたくなるお寺です。
山門前の階段は両側から萩が生い茂り、秋へと誘います。
今、一番の見頃は芙蓉。境内に数本ある芙蓉に木にはピンクの大きな花が見事です。

 

夏の始まりから咲き始めたノウゼンカヅラはツルの先端近くまできていますが今でも鮮やか❣
谷戸にあるこのお寺はいつも手入れが行き届き、静かで落ち着きます。
台風や地震、大きな災害が続き、穏やかな日々を願って手を合わせます。

花咲く境内が華やか💕

 

海蔵寺の境内です。ここは周囲よりひんやり涼しい谷戸なのですが、今年はいつもより早くノウゼンカズラが見頃を迎えています。
赤い野天傘と一緒に花を撮ろうとした時の事、傘が大きなアイアイ傘になりました💑

 

 

 

南国の花のように豪華なこの花が、この風景を更に引き立てます✊
二色の桔梗も彩を添え、暑いけれど素敵なシーンに会いました✨

モリアオガエル、今年も🐸

海蔵寺の門前にある“底脱の井”は鎌倉十井のひとつです。
その隣の紫陽花に毎年この時期になると見られる卵塊が今年もありました👀
ふわふわの塊は、モリアオガエルの卵なんです。
近くでカエルの鳴き声がしましたが、残念ながら姿は見えず・・🐸
このメロンパンのような泡の中で育ったオタマジャクシは、次の雨で泡が流れると水の中にポトリ・・
水に落ちる位置に卵塊を作ることがエライ❣
さすが天然記念物さんですね✊
境内にはイワタバコ、半夏生、菖蒲などが咲き、旬の紫陽花も見頃を迎えています✨

海蔵寺は春のよう🌺

寒い日が数日続いた後、晴れてポカポカしてきました。
海蔵寺にさいている白い花にはアオスジアゲハが蜜を吸いながらヒラヒラ舞っています。
バラの花のような形、花の付き方はヤマブキのよう。
通る人が「何の花でしょう?」と口々に言っています。
庭の手入れをしていらした住職さんに伺ってみたら梅花空木(バイカウツギ)というそうです。
確かに梅の花にも似ています🌺
久しぶりの陽射しを浴びて、カラーや松葉菊、石楠花の咲く境内は春のように輝いて見えました✨

3月の海蔵寺🌺

扇ガ谷の海蔵寺、鎌倉駅をKINOKUNIYA側に出て北に向かった突き当りのお寺。
とても静かで大好きなお寺です💛
そろそろミツマタが咲くころかと行ってみました。
咲き始めのミツマタを見下ろすようにしだれ梅が見事❢
見上げると可愛いピンクの花が降り注いでくるようです🌺🌺🌺
このしだれ梅とミツマタが一緒に見られるのは珍しいそうですよ。
そして鐘楼の前には紅白の梅。
寒かったけれど、谷戸にも春は来ていますね~(^▽^)/

Older posts