湘南ポートサイト

湘南の季節を知らせる情報サイト

タグ: ノウゼンカズラ

海蔵寺、8月初めの花⛅

8月、芙蓉の花をよく見かけるようになり、花の寺、海蔵寺の境内に行ってみました。
萩のトンネルができ始めた階段を上り、山門を入ると期待通り大きな芙蓉。この花の見頃は長いけれど咲き始めはやはり新鮮です✊
谷戸の涼しい境内にはノウゼンカズラや蓮の花も綺麗。そして、なんと紫陽花だってまだ綺麗に咲いているんです!暑い夏には天然のクーラーでついつい涼みにきたい境内です!

半夏生🍃

今日は半夏生(はんげしょう)。夏至から数えて11日目にあたる日です。
ちょうどこの頃、上の方の葉っぱが真っ白になる植物があります。こちらは湿度の高い日陰などを好むドクダミ科の植物です。半分おしろいを付けてお化粧をしたようなので半化粧とも書きます。いつのまにか元通りの緑になるのが不思議です。海蔵寺の本堂裏でも眩しい白が光っていました。
そしてこの時期からの楽しみはノウゼンカズラ。長く下がった蔓に次々とハイビスカスにも似た見事な花を咲かせます。
山門前の階段では夏萩も咲き始めました。
花の寺、海蔵寺は涼しい風が吹き抜け、周囲よりも気温が低いのも夏の大きな魅力です🎐

妙本寺のノウゼンカズラ💛

鎌倉駅に近いのにこんなに山あいの静かなお寺があるのです。
ここは比企谷(ひきがやつ)の妙本寺です。大きくて立派なノウゼンカズラがいま、見頃。
訪れた人達から「日本のハウビスカスですね!」という話し声が聞こえてきました。お寺の境内によく似合う真夏の花です♪

7月だというのにここの紫陽花はまだ瑞々しくきれいに咲いています。
日陰の空気がひんやりしているからですね(*^^)v